「寒暖差疲労」について

「寒暖差疲労」について

 

新型コロナウイルス変異株による緊急事態感染がいわれる中で、

ゴールデンウイークを前に気温も上昇し、日中は暖かいよりも暑い日が続いています。

今日の全国平均気温は 20℃ 

日中は暖かかったのに、夕方になると急に冷え込み、差が10度近くになる場合もあります。

「寒暖差」では5℃の差があると、生体機能にかなりの負担がかかるといわれています。

こうした気温の変化が、今、春の気候から夏の気候への移行期におきているということです。

 

この「寒暖差疲労」について書きましたのでご参考ください。

https://harikyunagomiza.com/shinan/yojo/20210422-2719/

 

記事に記した過去記事のリンクをあげておきます。

 

《寒暖差疲労の予防として》

下記記事も参考ください。

 

◆身体を温める。

温活アイテム“湯たんぽ” 

 

◆首肩の筋肉をストレッチする

首の疲労は副交感神経を乱す

 

導引法のススメ②

 

◆規則正しい生活

睡眠障害 倦怠感の改善に

 

◆入浴(汗をかく)

足浴のススメ ~古代養生法の極意~

 

膝・足の導引法

 

 

その他過去記事もご参考ください。

 

心身の虚弱を治すための薬水 “甘爛水”(かんらんすい)

 

在宅ワークのストレス解消法

 

「目の休息法」で疲れ目解消!