春の養生法 食養生とツボ刺激法

春の養生法

清明からの養生

 

清明は4月4日から4月19日までの期間であり、万物が清々しく、明るく、美しい頃。

清明とは「清浄明潔」を略した言葉であり、草木の花が咲き始め、

万物に清々しく新鮮な気があふれてきます。清明の前後は雨が多く、身体の陽の気が上昇する時期です。

 

 

この時期は辛い食べ物は控えめにし、体内のバランスを保つよう努めましょう。

 

例えば目の疲れ、イライラ感、悶々とする気分、不眠、浅眠、のぼせやすい、

長引くコロナ感染への不安、例年になくストレスを感じやすい春となっています。

東洋医学ではこれらのバランスの崩れには、『肝』の働きが関わっていると考えます。

肝=肝臓(西洋医学)でもありますが、東洋医学では肝臓に限定せず、

胆嚢、目、爪、筋肉、感情(情緒)までも含めて“肝”と考えています。

 

“肝”は全身の気巡り、血量の調整、関節の動きに関わります。

・疏泄(そせつ)=全身に気を巡らせる

・蔵血=血を貯蔵し、血量を調節する

・筋=関節の屈伸を支配する

 

肝の養生は“養肝”といい、意識的に行うことで季節に順応するカラダとココロを養います。

五臓六腑の「肝」と「ストレス」 | 薬剤部ブログ | まつもと薬局

 

 

春の養生食材

野菜類

 山菜・うど・ふき・菜の花・人参・筍

 キャベツ・セロリ・にんじん・きくらげ

魚介類

 鯛・いわし、サヨリ、マグロ・カサゴ

 アワビ・帆立貝・ハマグリ

果物類

 苺・バラ・ジャスミン・オレンジ・ザボン・ユズ

 

食卓に旬の食材を並べたい♡おすすめ「春野菜」のおかず14選 - LOCARI(ロカリ)

 

 

●経穴(ツボ)マッサージ

SKS-100と旧モデルを比較!ジャパネットのマッサージチェア「フジ医療器 スーパーリラックス」 | ジャパネットファン

この時期の養生では、肝を養うことが大切です。

肝の働きを調整する代表的な経穴(つぼ)に、

「太衝(たいしょう)」「三陰交(さんいんこう)」があります。

これらの経穴(つぼ)には、“柔肝・平肝”の働きがあり、

全身の気巡り、血量の調整、関節の動きの調整として効果があります。

 

三陰交

ツボの位置

内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき、指幅4本そろえて、

人さし指があたっているところが三陰交です。

 

症状

三陰交は別名「女性の三里」とも言われ、

生理に関するトラブル、冷え、むくみの症状改善に効果があります。 

血液を補い、関節の動きをスムーズにする効果もあります。

ひざ痛・腰痛の予防にも効果があります。

 

 

 

太衝