めまい 耳鳴り の予防には・・・

●春に多くみられる眩暈(めまい)


春を到来を表す季語で「三寒四温」があります。
もともとは、冬の気候を表す季語だったようですが、
日本では『三寒四温』という言葉は、冬ではなく寒暖の変化が現れる春先に用いられるようになりました。

 

早春になると低気圧と高気圧が交互に日本列島を通過します。
その為、日々の気温変化が大きくなります。
また、朝夜の寒暖差も激しくなります。

 

この時期に多く発症する症状に『眩暈』があります。
『眩暈』は、男性よりも女性に多くみられる症状です。
めまいを訴える男性は13.5%なのに対し、

女性では31.2%の方が悩んでいるというデータもあります。

 


眩暈と気象病(春から梅雨に多発)

『気象病』は天気の変化で起こる不調の総称です。
主に、頭痛、めまい、関節痛、むくみ、イライラなど様々な不調のことをいいます。

 

 

この時期の急激な天候の変化はカラダへのストレスとなり自律神経が乱れます。
この自律神経の乱れが様々な症状発症の原因となります。
気象病がもっとも多く発症する季節は春と秋の季節の変わり目です。
また、梅雨時期や台風の多い時期にも多く発症します。
気象病患者は一説に1000万人もおられるとの見解もあります。

 


気象病の原因は?
気象病の主な原因は気圧の変化で、内耳(ないじ)という器官が関係しています。
気圧の変化は内耳が感知します。そして内耳から脳に伝達され、体を順応させようとします。
この内耳の働きに問題があると、頭痛・めまい・ぜんそく・関節痛・神経痛など、さまざまな体調不良を引き起こすと考えられています。

 


予防法


【耳のマッサージ】
耳には多くの反射点も多くあります。「耳鍼」などではこの反射点を使います。
耳のマッサージではこの反射点にこだわらず「耳」をはぐしてあげるといいのです。
耳輪、耳たぶ、耳の周囲をゆっくり気持ちのいい程度にほぐしてあげましょう。


①両耳をつまみ、上下・左右にゆっくりひっぱっります。
②耳を折りたたむようにしてほぐします。
③耳の周囲上をゆっくりほぐすようにマッサージしましょう。


 朝・晩、毎日行うことで内耳の血流が良くなり、予防につながります。