西宮市 はりきゅう和み座 『東洋医学で観る“鬼滅の刃”』肆ー④

『東洋医学で観る“鬼滅の刃” 肆』2面-②

 

四字熟語に学ぶ心と身体の調和

“明鏡止水”と“虚心坦懐”

 

那田蜘蛛山(なたぐもやま)の鬼狩りの後、

蝶屋敷で、三人が機能回復訓練を行います。

その時のモデルになっているといわれる道場が、

愛知県犬山市の博物館明治村内にある

「第四高等学校武術道場:「無声堂」といわれています。

 

「無声堂」は大正6年金沢の第四高等学校に建てられたもので、

柔道、剣道、弓道三つの道場を兼ね備えた大きな洋風建築物です。

 

アニメではこの道場で鍛錬をする三人ですが、

道場の中央に大きな扁額(扁額)があります。

扁額は、「明鏡止水」(めいきょうしすい)と書かれたものと、

「風春彩雲」と書かれています。

 

この「明鏡止水」という言葉は私も好きな言葉で、

アニメを観ていてすぐ目に止まりました。

全日本剣道道場連盟 / お知らせ

「明鏡止水」とは、

邪念がなく、澄み切って落ち着いた心の形容。

 

「明鏡」とは、

一点の曇りもない鏡のこと。

「止水」は、

止まって、静かにたたえている水のこと。

とあります。いい言葉ですね。

 

出典は『荘子』徳充符篇(トクジュウフヘン)にあります。

「徳充符篇」とは

「徳が内面に充ちあふれた符」と書くように、

「重要なのは人間の中身であり、外見などは問題ではない。」

ということが書かれています。

 

水にしろ、鏡にしろ、本来は綺麗なんです。

流れで掻き回されたり、塵で曇ったりして、

鏡のように映し出せなくなるなるのです。

 

人の心も、本来は綺麗なんです。

しかし周囲の外乱に惑わされ、

自分の変なこだわりで物を見るために、

本来綺麗な心が汚れ、真実が見えなくなってしまうんじゃないでしょうか。

 

辞書での「明鏡止水」の意味

《なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう》

いつもそうあれるように心を磨きつづけなければなりませんね。

Culture and tradition from Japan: 虚心坦懐(kyosin tankai) - open mind, candor

「明鏡止水」と同義語に「虚心坦懐」(きょしんたんかい)という言葉があります。

意味は『心になんのわだかまりもなく、気持ちがさっぱりしていること。

心にわだかまりがなく、平静に事に望むこと。また、そうしたさま。

 

「虚心」は、心に先入観やわだかまりがなく、

ありのままを素直に受け入れることのできる心の状態。

 

「坦懐」は、わだかまりがなく、さっぱりとした心。平静な心境。

という意味です。

 

 

前号にも書きました、東洋医学での「恬淡虚無」も同義です。

 

『恬淡虚無 真気従之 精神内守 病安従来』 【上古天真論篇】

 

「心静かに、無闇やたらと欲望を起さなければ、

真気(生命エネルギー)は全身にめぐり、

精神(自律神経、免疫力)が体内を保護し、病気になろうはずがない。」