西宮市 はりきゅう和み座 『東洋医学で観る“鬼滅の刃”』参ー⑤

『東洋医学で観る“鬼滅の刃” 参』1面-⑤

 

 

●鬼も悶絶する「鬼邪のツボ」

写真は、「木彫りの鬼」ですが、

足三里に、墨で黒く印がついており、

鬼が足三里の灸の熱さを我慢している

なんともいえぬ表情をしています。

 

上の絵は、坂田金時(さかたのきんとき)が

鬼に三里に灸を据えさせている絵です。

 

坂田金時の幼名は、童話でも有名な「金太郎」です。

まさかりかついだ金太郎♬その人です。

 

酒呑童子退治や土蜘蛛退治で活躍し、

豪快な武勇伝を残している人物とされています。

 

 

「足三里」の灸で「徒然草」を紹介しましたが、

兼好法師の言っていることは、でたらめはなく、

医学書に記載されている、根拠のあるものなのです。

 

 

本居宣長(もとおりのりなが)は

江戸時代の国学者・医師であった方ですが、

その日記、『宣長の日記』には、

「同十月上旬ヨリ、足三里・三陰交に日灸をすへ始る。

同しようひとり按摩をし始」と書かれてあります。

 

また、宣長は様々な書物から養生に関する事項を抜粋し、

「養生紀」に以下のようにまとめております。

 

一部わかりやすいように言葉を変えてご紹介します。

 

・「病起こらぬ前に用心すべし」

 

・「萬(すべて)の病は、気より生じる。

  気をつかわずに、身を使うようにし、

  気を晴らして、朝は早く起きて散歩し動くようにすれば

  気が晴れて病を起こさない。

 

・「気は身体の主体である。

  気は必ず巡らせることで病がおこらない。

  逆に巡りが悪くなれば病が生じる。

  もし七情が乱れれば、病気を起こす。」

 

・「無病の時は、薬を服用しないようにする。

  無病の時は、ただ食事にて養うべきである。

  無病の時に薬を服用すれば、

  反って病を生じてしまう。

  病があり、薬を服用し治れば、

  それ以上に服用してはならない。」

 

 

日々の養生としての「足三里の灸」ぜひ、

実践してみてください。

 

本来は「艾(もぐさ)」をひねって

お灸をしてほしいのですが、

お灸ってスゴイ!!お灸の効果と仕組みをご紹介します☆

始めての場合は、

「せんねん灸」のような簡易なお灸からはじめてもいいでしょう。