【在宅ワークストレス解消法】 西宮、芦屋、神戸でお困りの方へ

●在宅ワークのストレス

 

新型コロナウイルスの感染防止のため、多くの企業で導入された「テレワーク」。

しかし、急速にテレワークが進み、不安感やストレスが急増しているといわれます。

“テレワークうつ”といわれる

 

「テレワーク」によるストレスも多く報告されており、

多くはコミュニケーションの取り方の変化が原因と考えられる

 

「相手の気持ちが分かりにくい」

「さぼっていると思われないか」

「きちんと評価してもえるのか」

「生活のリズムが崩れて不眠が悪化している」。

「仕事の指示も不十分で毎日イライラ感が強くなる」。

 

などが報告されています。

 

 

【テレワーク疲れ解消法】

 

在宅勤務になることで、朝夕の通勤に必要な時間をうまく活用することができます。

朝夕の時間として90分くらいは、有効活用できるのでないでしょうか。

その時間をうまく使って、生活リズムを整え、リフレッシュしてみましょう。

 

 

 

●太陽光を浴びる。

日光を浴びないことで「セロトニン」の分泌が少なくなるとイライラして、甘いものや炭水化物など過食になりがちになります。

また、朝に太陽の光を浴びると睡眠を促すホルモンの分泌調整ができ、夜しっかり眠れるようになる効果があります。

 

以下参考にお読みください。

 

『暮らしの極意書』 ③ 不眠・肩こり・慢性疲労緩和

https://harikyunagomiza.com/shinan/shinansyo/20190225-689/

 

 

●朝食をしっかり摂る。

あわてて起きて、朝食を食べないで通勤!ってこともなくなります。

いつもよりも余裕をもって朝を過ごせますので、朝食をしっかり摂りましょう。

以下参考にお読みください。

 

『日本の伝統食文化 《味噌汁の効果》』

https://harikyunagomiza.com/shinan/gokui/20200128-2497/

 

 

●仕事をする空間を整ええる。

会社と違って仕事をする場所が、リビング・室内となります。

冷房などで悩むこともなくなります。 

適切に空調を整え、リラックスした空間を作ってみましょう。

また、室内に心地のよい“音”を取り込むことでリラックスして仕事ができると思います。

 

以下参考にお読みください。

 

『風鈴の音色で涼しく快適に』

https://harikyunagomiza.com/shinan/shinansyo/20190726-1804/

 

『暮らしの極意書⑦』  音で和む 

https://harikyunagomiza.com/shinan/shinansyo/20190302-707/

 

『暮らしの極意書⑨』  心身リラックス

https://harikyunagomiza.com/shinan/shinansyo/20190302-711/

 

『暮らしの極意書』⑩  自然を感じる音

https://harikyunagomiza.com/shinan/shinansyo/20190323-854/

 

 

●休憩時間を有効活用「足湯」で浮腫み解消

デスクワークが長くなると、下半身の血流が悪くなり、

いつも帰宅時には “下肢の浮腫み”が気になっていた人も多くおられると思います。

自宅だからできる休憩方法として「足湯」はどうでしょう。

肩凝り、目の疲れの予防にもなりのでおすすめします。