菖蒲湯につかって邪気払い! コロナウィルスを撃退!! 古来からの養生法

5月5日は端午の節句

菖蒲湯につかって邪気払い!

 

 

端午の節句には「菖蒲湯」に入り、関西では「ちまき」を食べる風習があります。

 

端午の節句は、古代中国において、月の初めの厄払い行事として生まれました。

雨季を迎える5月は病気や災厄が増えることから、

邪気を祓うために「菖蒲」を使用したようです。

菖蒲の葉や根に含まれる精油の香りには殺菌効果、鎮静効果があり、

菖蒲の持つこの強い香りが邪気を祓うとされていたのです。

菖蒲の香りは、気のめぐりをよくし肩こりやカラダの緊張を緩和してくれます。

 

菖蒲湯に入るのはいつからいつまで?どんな意味や効能があるの?菖蒲を ...

 

コロナウィルスの感染予防の為に外出自粛をよぎなくされている今、

自宅でできる養生法としておすすめします。

 

 

 

 

菖蒲湯の実践法

・「菖蒲葉・根」を準備します。

・それらを布の袋や出汁のパックに入れ熱湯で10分ほど煮ます。

・煮だした菖蒲の葉と根を煮汁ごと浴槽にいれて入浴します。

 買ってきた「菖蒲根」をそのままお風呂に入れるよりも、少し煮だすことで、

 菖蒲の精油成分が抽出され効果が向上します。

・「ヨモギの葉」を追加してもいいでしょう。

 ヨモギなどの草の香りも邪気を払う薬草として薬湯にも使われます。

 

 

あわせてお読みください。

外出自粛に伴う体調不良の改善策をお届け

薬湯の効果 《ヨモギ(艾葉)》