西宮 はりきゅう和み座 《春の食養生》

●春の体調管理法

2月4日立春を迎え、春の季節になります。
今年は、梅の開花も早いようで例年よりも早い春を迎えることになるでしょう。

立春の前18日間は、土用の時期でした。
この時期に、インフルエンザや風邪にかかられた方も多いのではないでしょうか。
また、新型コロナウィルスによる肺炎も流行し、現在も警戒中です。


 春になり温かくなってくると、冬の時期に収縮した血管や筋肉が緩み始めます。
そうなると、冬の間に蓄積していた毒素が皮膚から噴き出してくるようになります。
この時期は、湿疹痒みなど皮膚のトラブルを起こしやすい時期になります。


立春の前の土用の期間に高熱を出した人などは、熱によって解毒ができたと思いますが、
そうでない場合は、肝臓が解毒の働きをしなければなりません。

この時期に、解毒を助けるために「断食」をされるのもいいでしょう。
週末の「プチ断食」でもかまいません。

「断食」はちょっと!という方は「梅エキス」を少量摂られるのもいいでしょう。
血液の浄化に効果があります。


【梅エキス】のまとめ
https://harikyunagomiza.com/shinan/syokumotu/20190422-1145/

【梅エキス】の使い方・応用
https://harikyunagomiza.com/shinan/syokumotu/20190422-1148/

 

 

●春先の食養生

 特に脂肪分の多く食事は控えるようにしてみましょう。
「お好み焼き・たこ焼き・焼きそば」などにも注意です。

伝統食である「ごはん・味噌汁・煮物・おひたし」などが、
肝臓の解毒を助けてくれます。
少し酸味のあるものや葉野菜も取られるといいでしょう。

 

春先に収穫できる「わらび・フキ・ウド・タラの芽」などの野菜がおすすめです。
また「春菊・菜の花・春玉ねぎ・春キャベツ・さやえんどう・ニラ・パセリ・三つ葉・レタス」などビタミンも豊富であるのでお勧めです。

また「ポン酢・梅肉和え・胡麻和え・酢味噌」なども使った料理を食されるといいでしょう。

これらかの季節は、花粉・黄砂・PM2.5などの影響から体調を崩されることが多くなります。しっかり食養生でも体調をと調えてください。


*********************************

 【はりきゅう和み座】
  西宮市染殿町6-12 西宮ハイム1F
    0798-31-7324
https://harikyunagomiza.com/

体調管理でお困りの事があればお気軽にご相談下さい。

*********************************