西宮 はりきゅう和み座 《導引のススメ①》

2019/09/07 ブログ
ロゴ

2019-09-06

日用養生訓 
~現代に活かす「養生訓」の教え~

を更新しました。

 

《 導引のススメ① 》 
『養生訓』「五官」には「導引」についての記載があります。
益軒先生は、医学書を例にしてその意味と方法をあげられています。
益軒先生は「導引法」をすすめる意味としてこのように記しています。

「『医学入門』にいう。導引の法は、保養中の一事なり」と。
ひとの心は、つねに平静でなければならない。
それに反して身体はいつも動かしているほうがよい。
終日(一日中)安坐していると病気になりやすい。
長いあいだ立ったり、長時間歩いたりすることよりは、
長時間寝ていたり、坐っているほうが、大いに害になるものだ。」

 

益軒先生は「養生訓」の中では、
常にココロとカラダの調和を図ること大切にしなさいと言われます。

それが、
「人の心は常に平静でなければならない。
それに反して身体は常に動かしているほうがよい。」

という部分にも感じられます。

 

 

記事を参考に日々の養生に「導引法」を取り入れてみてください。