西宮【ラクリス】筋膜リリースで【眼精疲労の緩和】

2019/07/11 ブログ

西宮【ラクリス】筋膜リリースで【眼精疲労の緩和】


●スマートフォンの普及と眼精疲労
 

30年にわたった「平成」という時代も今年で終わりを告げ「令和」の時代へと移り変わります。平成時代にもっとも普及したのが「モバイル通信機器」です。それに伴って激増しているのが「眼精疲労」です。


日常の目の酷使が、眼精疲労・頭痛・肩こり・首こり・睡眠障害など多くの身体的苦痛となり現れます。

 


●眼精疲労は「目輪筋」をほぐす!
眼のまわりには、眼球やまぶたを動かす6本の「外眼筋(眼輪筋)」という筋肉があります。


この目の周囲の筋肉を使い過ぎると「疲れ眼・眼精疲労」を自覚するようになります。

「疲れ目・眼精疲労」は慢性化すると、首こり、肩こり、頭痛などの症状を発症するようになります。

 


●Rakulease-ラクリス-を使って【眼精疲労緩和】

Rakulease-ラクリス- は、
4D筋膜高速リリースシステム『Omni MUSs』を搭載した最新の微弱電流刺激を使った機器です。


特殊手袋“M2グローブ”により、解剖学的構造に沿った立体的施術が可能になっています。


Rakulease-ラクリス-からの微弱電流は、渦電流筋肉刺激(スクリュー状4D電流)として筋肉(筋膜)・神経に伝わります。


眼精疲労の場合には、

目の周囲、首・肩の周囲の筋肉(筋膜)が施術の対象部位となります。


施術後の視野の明るさ、目の軽さ、爽快感などを感じていただけます。

 

 

Rakulease-ラクリス-に関する詳細は以下をご覧ください。

 


Rakulease-ラクリス- 解説
https://harikyunagomiza.com/shinan/20190711-1723/

 

また、過去の記事も参考にしてください。


2019年 月刊 和み座通信 第三号 ① 
「眼精疲労」をケアする。
https://harikyunagomiza.com/shinan/gokui/20190513-1241/


2019年「月刊・和み座通信」 第三号⑧
ツボ刺激で疲れ目・ドライアイ・眼精疲労を解消
https://harikyunagomiza.com/shinan/gokui/20190513-1271/